Main

展示予定航空機

航空フェスティバルでは、普段目にすることが出来ない小型航空機を展示いたします。
開催期間中の土曜日と日曜日には、フライトも予定しています。
また、抽選で体験搭乗も予定しておりますので、是非イベントに足を運んで下さいね。

※ 以下に掲載されている航空機は、調整中のものも含まれます。予告なく変更する場合がございます。


ピッツ式 S-2B型機

登録記号:JA11KT

ピッツ・スペシャル (Pitts Special) は、曲技飛行に多く用いられている複葉機である。アメリカ人飛行機設計者カーチス・ピッツの設計で1944年に初飛行した。1960年代から現在に至るまで曲技飛行の競技会で活躍している。

(Wikipediaより引用)

 


パイパー式 PA-18-150型機

※ 展示についてはキャンセルとなりました。(8月12日)

登録記号:JA4076

1937年にパイパー社が売り出した軽飛行機J-3 カブは、軍民合わせておよそ20,000機が生産されるベストセラー機となり、当時の軽飛行機の代名詞にもなった。その改良型であるPA-11 カブ・スペシャルに続き1949年に登場したのが、PA-18 スーパーカブである。

(Wikipediaより引用)


エクストラ式 EA-300L型機

登録記号:JA14WP

エクストラ EA-300(Extra EA-300)もしくはエクストラ300は、ドイツのエクストラが制作する曲技飛行用飛行機。信頼性と高性能を両立し、現代の曲技飛行機を代表する機種のひとつとなっている。

 

(Wikipediaより引用)


セスナ式 C-172M型機

登録記号:JA3748

セスナ スカイホーク(Cessna Skyhawk)は、4座席、単発プロペラ推進、高翼式の軽飛行機で、セスナ・エアクラフト・カンパニー(以下セスナ社と略称する)が製造している軽飛行機である。1955年に初飛行し翌1956年に引き渡しが始まった。シリーズ名別で集計した場合、2015年時点で累計生産機数は4万5千機に達し、歴史上世界で最も多く生産されている機体シリーズである。

(Wikipediaより引用)

Sharing is caring!